メディア芸術祭こども向けワークショップ

第18回文化庁メディア芸術祭のこども向けワークショップを企画。メディア芸術祭受賞アーティストの水江未来さんを招き、導電インクとLEDを使った光るポスターづくりを行いました。
はじめポスターにはキャラクターの輪郭だけが描かれています。こども達は導電インクペンとLEDを使ってキャラクターに貼付けるための電子回路を制作し、水江さんはキャラクターに模様を描き込んで絵を仕上げていきます。模様の回路、動物の回路、文字の回路、こども達の自由な発想から様々なデザインの電子回路が生まれました。LEDが灯ったキャラクターの姿は、こども達が命を吹き込んだかのようでした。

CREDIT

  • Creative Director:Toshiyuki Hashimoto (PPP), Yasutaka Sasaki (PPP)
  • Art Director:Tomohiro Okazaki (PPP, SWIMMING)
  • Illustrator:Mirai Mizue
  • Photographer:Daisuke Hayata